コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士の国やまなし館

1件 の用語解説(富士の国やまなし館の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

富士の国やまなし館

04年10月に開館した山梨県のアンテナショップ。山梨へ足を運んでもらうきっかけを作ろうと、東京・日本橋オープンした。約150平方メートルの敷地の半分を使って県や市町村などのパンフレットを置くほか、ネクタイなど物産品の展示が中心。販売するのは、企画展を除くと通常は、県産ワインだけ。運営は、県が県観光物産連盟に委託。県は、ビルの賃貸料年間約2300万円を払うほか、同連盟に年約2750万円の補助金を出して運営を後押しする。同連盟の職員3人が常駐する。県によると、やまなし館の05年度の売り上げは計約1500万円だが、85%は企画展を開いた業者の売り上げという。支出約3千万円のうち、4分の3強にあたる約2300万円は人件費。入館者は、1日あたり約200人で横ばい状態という。

(2006-06-20 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士の国やまなし館の関連情報