山梨県(読み)やまなし

  • やまなしけん
  • 山梨〔県〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面積 4465.27km2(境界未定)。
人口 83万4930(2015)。
年降水量 1135.2mm(甲府市)。
年平均気温 14.7℃(甲府市)。
県庁所在地 甲府市
県木 カエデ
県花 フジザクラ(→マメザクラ)。
県鳥 ウグイス

中部地方の内陸県。かつての甲斐国富士山赤石山脈秩父山地丹沢山地に囲まれる山地県で,御坂山地と秩父山地の大菩薩連嶺で国中郡内の2地方に分かれる。国中は甲府盆地を中心に,釜無川笛吹川,両者を合した富士川流域を占める。盆地縁辺部には扇状地が発達し,かつては養蚕地帯であったが,夏季に高温,少雨である気候を利用して,ブドウ,モモを主体とする果樹栽培が発達。甲府盆地東部の甲州市,笛吹市は高い技術をもつ集約的果樹栽培で知られるが,西部の御勅使川の扇状地をはじめ,ほぼ全域で果樹栽培への転換が進んでいる。盆地底は水田地帯であるが,野菜や果樹の作付けが増え,甲府市周辺では住宅や中小工場の立地が目立つ。北西部の八ヶ岳の裾野では高所まで水田が開かれ,高冷地野菜の栽培も行なわれる。南西部は富士川が峡谷をなし,平地は少ない。郡内は桂川の流域と富士山の北麓を占め,桂川の河岸段丘がおもな生活の場である。古くから養蚕が盛んで,家内工業的な機業者が多い。中央自動車道の開通などにより観光客が急速に増え,富士五湖周辺は観光業に大きく依存する。甲府盆地では中央部に石和温泉積翠寺温泉などがあり,観光ブドウ園が各地に開かれている。周辺の秩父山地や赤石山脈,八ヶ岳は登山客,ハイカーが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

北陸甲信越地方東部に位置する県。周囲を急峻な山々に囲まれ、北東部には秩父山塊、西部には赤石山脈(南アルプス)、南部には富士山、北部には八ヶ岳・茅ヶ岳を擁する。気候は寒暖の差が大きい内陸性気候。果樹栽培が盛ん。また、伝統的な地場産業(ワイン・絹織物・印章など)にも特徴がある。県花は、フジザクラ。県木は、カエデ。県鳥は、ウグイス。県獣は、カモシカ。

[山梨県のブランド・名産品]
あけぼの大豆 | 市川大門手漉和紙 | 大塚にんじん | 大野菜 | おちあいいも | 親子だるま | 勝沼ワイン | クレソン | 甲州雨畑硯 | 甲州印伝 | 甲州大石紬織物 | 甲州鬼瓦 | 甲州地どり | 甲州水晶貴石細工 | 甲州手彫印章 | 甲州武者のぼり・鯉のぼり | 甲州もろこし | 信玄餅 | すもも | 長禅寺菜 | 長かぶ | 鳴沢菜 | 西島手漉和紙 | 富士勝山スズ竹工芸品 | ぶどう | ほうとう麺 | 水かけ菜 | | やはたいも | 山梨貴宝石

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

中部地方南東部の県。甲斐国に当たる。明治四年(一八七一)の廃藩置県により成立。県庁所在地は甲府市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山梨県の関連情報