コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富松(とまつ)一寸

デジタル大辞泉プラスの解説

富松(とまつ)一寸

兵庫県尼崎市富松地区で生産されるソラマメ。736年に来日したインドの僧が持ち込んで、行基上人に与えた豆により栽培が始まったとされる。生育がよく、粒の大きさが一寸(約3.3cm)ほどにもなることからこの名で呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

富松(とまつ)一寸の関連キーワード兵庫県尼一寸

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android