コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富松(とまつ)一寸

1件 の用語解説(富松(とまつ)一寸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

富松(とまつ)一寸

兵庫県尼崎市富松地区で生産されるソラマメ。736年に来日したインドの僧が持ち込んで、行基上人に与えた豆により栽培が始まったとされる。生育がよく、粒の大きさが一寸(約3.3cm)ほどにもなることからこの名で呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富松(とまつ)一寸の関連キーワード尼一寸兵庫県尼崎市今福兵庫県尼崎市北城内兵庫県尼崎市食満兵庫県尼崎市潮江兵庫県尼崎市椎堂兵庫県尼崎市田能兵庫県尼崎市寺町兵庫県尼崎市富松町兵庫県尼崎市浜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone