生育(読み)せいいく

精選版 日本国語大辞典「生育」の解説

せい‐いく【生育】

① うまれそだつこと。おいたつこと。〔医語類聚(1872)〕
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉五「此虫は、重に、樟栗くぬぎ漆くるみ柿もち等の木に生じ、其葉を食して生育す」 〔孔子家語‐弁楽解〕
② うみそだてること。おいたたせること。そだてること。育成。しょういく。
※土井本周易抄(1477)三「雷は鳴て万物を生育するぞ」
※新聞雑誌‐三四号・明治五年(1872)三月「彼の有為の人才を生育せんとす」 〔管子‐牧民〕

しょう‐いく シャウ‥【生育】

〘名〙 子を生んでそだてること。せいいく。
※今昔(1120頃か)五「南の岳に仙人有り、一の女子を生育(しゃういく)せり」
※源平盛衰記(14C前)一九「妾夫を助けん為に、争でか生育(シャウイク)の父を殺させん」 〔法華経‐従地踊出品〕

おい‐そだ・つ おひ‥【生育】

〘自タ五(四)〙 次第に大きく育っていく。成育する。生い立つ。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「一雲の所雨、その種性にかなひて、しかも生長(シャウチャウ)(〈注〉ヲイソタツ)することえて、華・菓、敷実せん」

おい‐そだち おひ‥【生育】

〘名〙 生い育つこと。また、その環境。生い立ち。育ち。生長
浄瑠璃・聖徳太子絵伝記(1717)四「かふ見た所、かたがたはいやしからざるおひそだち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生育」の解説

せい‐いく【生育】

[名](スル)
うまれ育つこと。また、植物が生長すること。「作物が生育する」
うみ育てること。
「―の恩は深くっても」〈露伴・露団々〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android