コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺田屋 テラダヤ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

寺田屋

大阪と京都を結ぶ三十石船(さんじっこくぶね)の船着き場近くに建てられた船宿。龍馬が定宿としていた。龍馬は1866年にここで伏見奉行所の役人に襲われ、深手を負った。2年後の鳥羽伏見の戦いで焼失した。龍馬と親交が深かった女将・お登勢(とせ)の息子夫婦が再建。1906年に営業を再開した。開館は午前10時から午後3時40分で月曜不定休。入場料は一般400円、中高生と大学生300円。宿泊は予約制で6500円。電話075・622・0243。

(2017-12-18 朝日新聞 朝刊 京都市内・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の寺田屋の言及

【有馬新七】より

…崎門学を修め激烈な尊王攘夷論者となる。1862年(文久2)島津久光の率兵上京の供に加わったが,ひそかに4月23日伏見の寺田屋に同志と集合し,関白九条尚忠,所司代酒井忠義を倒し青蓮院宮を戴いて義兵を挙げようとした。久光は不穏の情報に驚き大山格之助ら9剣士を鎮撫にさし向けたが,格闘が勃発して有馬ら7人は斬死した。…

※「寺田屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

寺田屋の関連キーワード京都府京都市伏見区南浜町森山新五左衛門道島五郎兵衛田中河内介山口鉄之助寺田屋登世池上隼之助西田直五郎田中瑳磨介柴山愛次郎寺田屋騒動寺田屋登勢柴山竜五郎野口すみえ弟子丸竜助本田親雄高崎五六吉田清基淵上謙三森岡昌純

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺田屋の関連情報