鳥羽伏見の戦い(読み)トバフシミノタタカイ

大辞林 第三版の解説

とばふしみのたたかい【鳥羽伏見の戦い】

1868年1月27日(慶応4年1月3日)に起こった旧幕府軍および会津・桑名藩兵と、薩長軍との内戦。新政府が王政復古の大号令に続く小御所会議で徳川慶喜よしのぶの辞官納地を決定したのに対し、旧幕府方が挙兵、鳥羽・伏見で薩長軍と交戦。戊辰ぼしん戦争の発端となったが旧幕府軍の大敗に終わり、討幕派の優勢が確立した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥羽伏見の戦いの関連情報