コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽伏見の戦い トバフシミノタタカイ

デジタル大辞泉の解説

とばふしみ‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【鳥羽伏見の戦い】

戊辰(ぼしん)戦争の発端となった内乱。慶応4年(1868)1月、大坂在城の幕兵および会津・桑名の藩兵が、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)を擁して鳥羽・伏見で薩長軍と戦ったが、幕府軍が敗退し、慶喜は江戸に帰った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とばふしみのたたかい【鳥羽伏見の戦い】

1868年1月27日(慶応4年1月3日)に起こった旧幕府軍および会津・桑名藩兵と、薩長軍との内戦。新政府が王政復古の大号令に続く小御所会議で徳川慶喜よしのぶの辞官納地を決定したのに対し、旧幕府方が挙兵、鳥羽・伏見で薩長軍と交戦。戊辰ぼしん戦争の発端となったが旧幕府軍の大敗に終わり、討幕派の優勢が確立した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳥羽伏見の戦いの関連キーワード松山藩〈伊予国〉佐々木 高行幕末遊撃隊西郷 従道江原 素六大迫 貞清陸奥 宗光市来勘兵衛大枝鉄次郎鈴木武五郎伊集院与一石川厚狭介島津新八郎黒木 為楨征討大将軍藤堂 高潔西園寺公望小栗上野介池田 政礼土屋 鳳洲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥羽伏見の戦いの関連情報