宿屋(読み)ヤドヤ

デジタル大辞泉の解説

やど‐や【宿屋】

旅客を宿泊させることを業とする家。旅館。
泊まっている家。
「―の中門に走り上りて」〈太平記・三八〉
揚屋(あげや)
「―はどれへおこしなされますといふが」〈浮・一代女・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やどや【宿屋】

〈宿屋〉は単に宿泊所をさす場合もあったが,一般には旅人を宿泊させることを営業目的とする施設をいい,現在日本では旅館とほぼ同義語である。古代には駅伝制の施行で日本にも公用の宿泊施設として駅家(うまや)が設けられたが,これは営業を目的とするものではなかった。宿屋の発生は平安時代にさかのぼると思われるが,交通網の発達とともに私的営業の宿泊施設が全国的に整備されていくのは,近世にいたってからである。江戸時代には武家・貴族など貴人用の本陣・脇本陣,一般庶民用の旅籠(はたご)があり,これらは本陣を除いて賄付き(まかないつき)であったが,いっぽう賄いが付かず宿泊人が自炊する木賃宿(きちんやど)があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やどや【宿屋】

旅人を泊めることを商売としている家。旅館。はたごや。
揚屋。
泊まっている家。 「歩兵等楯の外の-を焼く/今昔 25

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅく‐や【宿屋】

〘名〙 瓦ぶきまたは板ぶき屋根の家のことを越前地方でいう。駅路の家だけが美観防火のためにそうしていたのでこの名がある。

やど‐や【宿屋】

〘名〙
① 泊まっている家。宿泊所。
今昔(1120頃か)二五「歩兵等、楯の外の宿屋を焼く」
② 旅客を宿泊させて営業する家。旅館。はたごや。
※雑俳・花笠(1705)「とめてをく宿屋の帳の国づくし」
③ 遊郭で、置屋から遊女を呼び寄せて遊興する家。揚屋(あげや)。〔評判記・色道大鏡(1678)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宿屋の言及

【旅籠】より

…江戸時代,街道宿駅などで武家や一般庶民を宿泊させた食事付の宿屋をいう。旅籠は元来,馬料入れの丈の低い竹籠をさしたが,《今昔物語集》等によれば旅行中に食糧を入れて持参する旅具であった。…

【船宿】より

…江戸時代から明治前半にかけて,全国の廻(回)船の寄港地にあった乗組員の宿屋のこと。当時の回船は港ごとに船宿が決まっていた。…

【旅館】より

… 旅館という語は中国から伝来した言葉であるが,明治時代になってそれまでの宿泊施設よりもより高級な施設を意味する言葉として使われ始めた。ただし,この語が広く用いられるようになったのは昭和になってからで,明治における宿泊施設の一般的呼称は〈宿屋〉であり,法律上の用語としても宿屋が用いられた。明治時代には警察令による〈宿屋営業取締規則〉があり,同規則によれば,宿屋は,旅人宿,下宿,木賃宿の3種に分類されていた。…

※「宿屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿屋の関連情報