コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対州窯 たいしゅうよう

大辞林 第三版の解説

たいしゅうよう【対州窯】

江戸時代から明治にかけて対馬で作られた朝鮮風の陶器。薄作りの上手じようての茶碗など茶器が主で、御本手ごほんてにみられる紅斑が美しく出たものが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

対州窯の関連キーワード江戸時代対馬焼薄作り御本手陶器茶碗対馬紅斑茶器

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android