コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対話型鑑賞教育 タイワガタカンショウキョウイク

デジタル大辞泉の解説

たいわがた‐かんしょうきょういく〔‐カンシヤウケウイク〕【対話型鑑賞教育】

美術作品を通じて鑑賞者の観察力やコミュニケーション力を育成する教育カリキュラム。鑑賞者どうしが語り合い、想像力を駆使して美術作品を読み解いていくことが特徴。図工や美術の授業など教育現場や美術館で導入されている。VTS(visual thinking strategy)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android