コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿春 じゅしゅん

大辞林 第三版の解説

じゅしゅん【寿春】

春をことほぐこと。新春を祝うこと。年賀状に書くことば。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の寿春の言及

【安徽[省]】より

… 春秋戦国時代には大国による併合がすすみ,淮河流域は楚に併合され,その範囲はしだいに南方へ拡大した。戦国末期,秦の侵入を受けた楚は都を寿春に移し郢(えい)と称したが,現在の寿県付近には楚の遺跡が多く,丘家花園で発見された鄂君敬節(がくくんけいせつ)は,古代楚国の状況を知るうえで貴重な金石史料である。これに対し長江流域は呉の影響圏にあり,江・淮の間で両国が衝突を繰り返した。…

【郢】より

…春秋の末に呉の侵入に備えて鄀(じやく)(湖北省宜城県北東)に遷都した一時期を除き戦国までつづく。しかし戦国も末になると秦に攻められて前278年には陳(河南省淮陽県)に,前253年には鉅陽(きよよう)(安徽省阜陽県北西),前241年には寿春(安徽省寿県)に都を移したが,前223年ついに秦に滅ぼされた。鄀も寿春も郢とよばれており,楚はどこでも都を郢とよんだようである。…

※「寿春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

寿春の関連キーワード楚[周代]侯景の乱三宅道的謝良佐喜春楽ことば秋風楽淮南子年賀状新春淮南

寿春の関連情報