コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿阿弥 じゅあみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿阿弥 じゅあみ

?-? 室町時代の医師,僧。
京都にすみ,応永29年(1422)後小松上皇の病をなおす。また,侍医も手がつけられなかった称光天皇急病を全快させたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寿阿弥の関連キーワード室町時代宝田寿来沮洳問安

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android