コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

称光天皇 しょうこうてんのう

美術人名辞典の解説

称光天皇

第百一代天皇。後小松天皇第一皇子、母は日野資国の娘光範門院資子。名は躬仁、のち実仁。後小松天皇より受禅し、仏法に厚く帰依した。在位中は父院の院政が続いた。正長元年(1428)崩御、28才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうこう‐てんのう〔シヨウクワウテンワウ〕【称光天皇】

[1401~1428]第101代天皇。在位1412~1428。後小松天皇の第1皇子。名は実仁(みひと)。皇嗣がなかったため、弟の後花園天皇が位を継いだ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

称光天皇【しょうこうてんのう】

室町初期の天皇。在位1414年−1428年。後小松天皇の第1皇子。諱(いみな)は実仁(みひと)。1412年後小松天皇の譲りを受けて践祚(せんそ)。天皇は病弱で,奇矯の言動が目立ったといい,在位中は後小松上皇の院政が続いた。
→関連項目看聞日記後花園天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

称光天皇 しょうこうてんのう

1401-1428 室町時代,第101代天皇。在位1412-28。
応永8年3月29日生まれ。後小松天皇の第1皇子。母は藤原資子(光範門院)。持明院統の父の譲位をうけて即位し,父が院政をおこなう。父の代に実現した南北朝合一の条件である持明院(北朝)・大覚寺(南朝)両統迭立(てつりつ)に反すると非難され抗争がおきた。生来病弱で,皇子はなく,皇位継承などをめぐって父と対立したまま,正長(しょうちょう)元年7月20日死去。28歳。墓所は深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は躬仁(みひと),実仁。法名は大宝寿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

称光天皇

没年:正長1.7.20(1428.8.30)
生年:応永8.3.29(1401.5.12)
室町前期の天皇。後小松天皇の第1皇子。母は日野資国の娘資子(光範門院)。初名を躬仁といったがのち実仁と改める。法名は大宝寿。応永19(1412)年,後小松天皇より受禅,時に12歳。同21年即位。母方の祖父日野資国の妹業子,資国の兄資康の娘康子も足利義満のもとに嫁ぎ,康子の妹栄子は義持の室となるなど日野一族と室町将軍家との結びつきは強かった。在位中,父の院政が続き,一族の日野光子を典侍として迎えたが,天皇は病弱で子はなく,正長1(1428)年皇位を伏見宮貞成親王の子彦仁親王(後花園天皇)に譲り,28歳で崩じた。<参考文献>肥後和男他『歴代天皇紀』

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこうてんのう【称光天皇】

1401‐28(応永8‐正長1)
室町時代初期の,第101代に数えられる天皇。在位1414‐28年。名は実仁(みひと)。法諱(ほうき)は大宝寿。後小松天皇の第1皇子。生母は日野資国の娘資子(光範門院)。1412年(応永19)後小松天皇より受禅,14年12月即位。28年7月20日死去。後嗣がなく,後小松院は伏見宮貞成(さだふさ)親王の第1王子彦仁(ひこひと)王(後花園天皇)を猶子として皇位を継がせた。生前病弱のため政務に実績なく,また激しい気質で奇矯の言動がめだったことは《看聞(かんもん)日記》など当代の日記にくわしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうこうてんのう【称光天皇】

1401~1428) 第一〇一代天皇(在位1412~1428)。名は実仁みひと。後小松天皇の皇子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

称光天皇
しょうこうてんのう

[生]応永8(1401).3.29. 京都
[没]正長1(1428).7.20. 京都
第 101代の天皇 (在位 1414~28) 。名は実仁 (みひと) ,法諱は大宝寿。後小松天皇の皇子,母は日野資国の娘,光範門院藤原資子。応永 19 (12) 年後小松天皇の禅を受けて践祚し,同 21年即位。天皇には嗣子がなく,後小松天皇の猶子 (ゆうし) で皇弟にあたる後花園天皇が跡を継いだ。陵墓は京都市伏見区深草坊町の深草北陵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

称光天皇
しょうこうてんのう
(1401―1428)

第101代天皇(在位1412~28)。名は実仁(みひと)、躬仁(みひと)。法諱(ほうい)大宝寿。後小松(ごこまつ)天皇の第2皇子。母は光範門院藤原資子(すけこ)(父日野資国(すけくに))。1412年(応永19)8月践祚(せんそ)、14年12月即位した。28歳で没したが、嗣子(しし)がなかったので皇弟後花園(ごはなぞの)天皇(後崇光(ごすこう)第1王子、後小松猶子(ゆうし))が後を継いだ。陵墓は京都市伏見(ふしみ)区の深草北陵。[小野信二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

称光天皇 (しょうこうてんのう)

生年月日:1401年3月29日
室町時代の第101代の天皇
1428年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

称光天皇の関連キーワード本朝皇胤紹運録伊予局(1)清原良賢肥後和男皇朝史略足利義教足利義持土佐行秀後崇光院北畠満雅竹田善慶生年月日紀伊局寿阿弥坂浄快小川宮等煕巧如允能志玉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

称光天皇の関連情報