コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専業主婦 せんぎょうしゅふhousewife

翻訳|housewife

知恵蔵の解説

専業主婦

稼得労働に従事せず、専ら家事や子育てなど無償の再生産労働に従事する既婚女性。18世紀の英国で、産業革命以後、男性が家を離れて長時間労働に従事するようになり、「夫は外、妻は内」という近代の性役割分業意識の成立と共に出現した。欧米では20世紀に一般化し、英国では既婚女性の8割(1930年頃)に達した。日本では高度成長期にサラリーマンの増加と共に増え、75年頃には既婚女性の約6割が専業主婦となる。専業主婦は、「夫の収入に自分の生活水準が連動する存在」であるため、夫の収入が安定し増大している時には、安心して生活を送ることができる。だが、90年代に入ると男性の失業率は高まり、収入も不安定化している。離婚も増える中、安心して専業主婦を続けるのは難しくなりつつある。

(山田昌弘 東京学芸大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんぎょう‐しゅふ〔センゲフ‐〕【専業主婦】

職に就かないで、家事に専念する主婦。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんぎょうしゅふ【専業主婦】

就業せず、家事に専念する女性。多くは、税制上課税所得に達せず、扶養家族とみなされる妻のことをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の専業主婦の言及

【共働き】より

…日本の女は伝統的に農婦や漁婦として働いてきたし,世界的にみても,共働きが社会の常識的前提となっている文化圏がある。その意味では,共働きは女性の普遍的な存在様式であって,じつは専業主婦のほうが,高度成長期以降広く一般庶民に定着した特殊な存在様式なのである。現代の共働きの特徴は,(1)被雇用労働者としての就労の増大であり,(2)生きがい追求意欲に動機づけられた共働きの増大である。…

※「専業主婦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

専業主婦の関連キーワード専業主婦の年金切り替え漏れ問題ダイバーシティ・マネジメント離婚時の年金分割制度専業主婦の年金救済策主婦年金の救済問題日本版401K第3号被保険者主婦の年金問題幼稚園と保育所奈良市のデータ家族の経済格差矢島 せい子確定拠出年金3号被保険者空の巣症候群ハウスワイフモデル家族所得代替率モデル世帯若林三弥子

専業主婦の関連情報