家事(読み)かじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家事
かじ

家庭生活を円滑に営んでいくうえに必要な諸作業をいう。料理,裁縫育児洗濯,清掃,生活用品の購入,家計切盛りなどが含まれる。家事は人間の生命維持に直接関係あるもので,家庭生活を支えるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐じ【家事】

家庭内の事情や事柄。「家事の都合により休暇」
掃除・洗濯・食事の支度・育児など、家庭生活に欠かせない仕事。「家事手伝い」「家事に追われる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かじ【家事】

家事とは,抽象的に定義すれば労働力再生産を保障する作業であり,人間が家族という単位で集団生活を営んでいく限り,必要不可欠な作業である。また家事は,生命の再生産を保障する作業としての〈育児〉と実際上はきわめて深いつながりをもつが,通常概念上は両者は区別されることもある。家事の基本性格や家事労働をめぐる具体的な問題状況は,時代により社会のあり方によって大きく異なるが,今日われわれが体験している家事や家事労働の歴史的特徴は何であろうか。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かじ【家事】

炊事・洗濯・掃除・育児など、家庭生活に必要な仕事。 「 -に専念する」
家庭内の事柄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の家事の言及

【家政学】より

…19世紀後半,アメリカをはじめイギリスなど欧米諸国で,料理や裁縫など家事の技術教育が女子の初等教育にとり入れられはじめ,1870‐80年代には,アメリカやイギリスでそのための教員養成機関が設立された。家事技術とこれに必要な諸科学を内容とする家政学の一つの伝統はこの流れのなかにある。…

【主婦】より

…家庭の運営にかかわる作業をする人は主婦に限られるわけではない。しかし,夫婦中心の小家族においては,主婦は,家事や育児など限られた作業を自分の決めた方針に従って,自分自身の手で行う人となっている。 西欧の夫婦を基礎単位とする核家族においては,産業革命が〈主婦housewife〉を誕生させたといわれている。…

※「家事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家事の関連情報