コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専用回線 センヨウカイセン

2件 の用語解説(専用回線の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

専用回線

通信業者から借り受ける専用の通信回線。一般的なインターネット回線として使われている電話網やISDNCATV、光回線といった公衆回線とは異なり、契約者が独占的に使用する。ほかのユーザートラフィックを受けないため、安定した大容量のデータ伝送が行えるのが特徴。また、情報漏えいや盗聴されにくいことから、銀行や証券会社、研究施設などセキュリティーが重要な企業のネットワークに利用されている。通信には、TDM(Time Division Multiplexer:時分割多重)と呼ばれる方式を使い、距離と容量に応じて、定額の利用料を支払う。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんようかいせん【専用回線】

特定の通信のために特別に設置される回線。専用線。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

専用回線の関連キーワードISPアクセスチャージ公衆通信回線回線リセールリセール借株公衆回線重信回線回線再販日本通信

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

専用回線の関連情報