コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊雲 そんうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊雲 そんうん

?-? 鎌倉時代の僧。
惟明(これあきら)親王の王子。天台宗比叡(ひえい)山にのぼり,法印,大僧都(だいそうず)となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の尊雲の言及

【護良親王】より

…当初,延暦寺大塔に入室,このため大塔宮(おおとうのみや)と称す。法名尊雲。1325年(正中2)梶井門跡,27年(嘉暦2)天台座主(ざす)となる。…

※「尊雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尊雲の関連キーワード護良親王(もりよししんのう)赤松則祐元弘の乱護良親王鎌倉時代元弘の変鎌倉宮虎の口還俗