コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親王 しんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親王
しんのう

現在の皇室典範によれば,天皇の嫡出皇子と,嫡男系嫡出の皇子系の男子とをいう。女子ならば内親王という。天武天皇の頃からみられ,令制によって確立された。淳仁朝以後は親王宣下によりこの称号が与えられた。親王,内親王,入道親王法親王の別がある。親王宣下を受ければ,いかなる皇族でも親王になれた。親王で出家したものを入道親王,出家後親王となったものを法親王という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

親王【しんのう】

現在の皇室典範によれば,天皇の嫡出(ちゃくしゅつ)皇子および嫡男系嫡出の皇孫は男子を親王,女子を内親王という。3世以下の子孫たる女王皇位を継承した時は,その兄弟姉妹たる王・女王は特例として親王・内親王となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんのう【親王】

隋・唐の制にならった称号。親王の語は,《日本書紀》天武4年(675)にはじめて見えるが,親王の称が制度的に定められるのは,大宝令においてであると考えられる。すなわち,天皇の兄弟および皇子を親王と称し,また女は内親王と称することが規定された。親王には一品から四品までの品位が授けられ,品位に応じて太政大臣,左右大臣,大納言大宰帥,八省卿などの官職に任ぜられ,また品田・品封を給され,文学および家令以下のいわゆる家司が付属することとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんのう【親王】

〔「しんおう」の連声〕
皇族男子の身位の一。律令制では、天皇の兄弟・皇子をいったが、淳仁天皇(在位758~764)以後は親王宣下のあったもののみに限られた。旧皇室典範では、皇子から皇玄孫にわたる皇族男子をいった。現制度では、嫡出の皇男子および嫡男系嫡出の皇孫の男子をいう。 ↔ 内親王

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親王
しんのう

皇族の身位(しんい)の一つ。またその称号。令制(りょうせい)では天皇の皇子女および兄弟姉妹をいい、そのうち女子は内親王(ないしんのう)と称した。平安時代以降は、親王となす宣旨(せんじ)を下されなければ、皇子でも親王と称することができなくなった反面、皇孫なども親王宣下(せんげ)を受け、さらに代々親王宣下を受ける世襲親王家も出現した。また親王で出家した場合は入道親王、出家後、親王宣下を受けた場合は法親王(ほうしんのう)と称する例も生じた。親王は一品(いっぽん)から四品(しほん)までの品位を与えられ、それに応ずる田地や俸禄(ほうろく)を給与され、専属の職員もつけられた。明治の皇室典範では、皇子より皇玄孫(こうげんそん)までを生まれながら親王・内親王となすと定めたが、現制では嫡系の皇孫までに限られた。[橋本義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の親王の言及

【皇族】より

… 皇族の範囲は,大宝令で初めて法定された。すなわち中国の制に倣って,皇兄弟姉妹および皇子・皇女を親王とし,皇孫・皇曾孫・皇玄孫をとし,皇玄孫の子たる五世王は,王名を称することはできるが,皇親の範囲に入らないと定め,女子については内親王・女王の称も用いた。また二,三,四世王を親王に対して諸王と総称した。…

※「親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

親王の関連キーワード恒良親王(つねよししんのう)良成親王(ながなりしんのう)尊良親王(たかよししんのう)宗良親王(むねよししんのう)懐良親王(かねながしんのう)護良親王(もりながしんのう)邦良親王(くによししんのう)八条宮智仁親王八条宮智忠親王伏見宮貞教親王寛宝入道親王スーチンワン雄仁入道親王大炊御門宮恵空(2)尊澄法親王プリンセス尊雲法親王征西将軍宮周典親王

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親王の関連情報