コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小ピピン ショウピピン

世界大百科事典内の小ピピンの言及

【ピピン[3世]】より

…カロリング家のカール・マルテルの子。小ピピンPippin der Jüngere,またピピン短軀王Pippin der Kurzeとも呼ばれる。メロビング家の宮宰(741‐751),次いで教皇ザカリアスの意をうけ,ヒルデリヒ3世を追い,〈真にその実力ある〉フランク王としてボニファティウスから塗油を受けた(752。…

※「小ピピン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小ピピンの関連キーワードグレゴリウス(2世)カルル1世(大帝)フランス史(年表)カルル・マルテルアウストラシアランゴバルド族聖ペテロの遺産ピピン[3世]カロリング朝ピピンの寄進メロビング朝デシデリウスフランク王国カルロマンカール教皇領宮宰

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android