小児針(読み)しょうにばり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小児針
しょうにばり

特殊針法の一つで,「皮膚針」「摩擦針」とも呼ばれる。乳幼児や成人でも過敏体質者や虚弱者などに用いる。小児針用の針で皮膚表層を軽く摩擦する。小児の神経症・ぜん息・消化器系疾患・虚弱児の体質改善ほかに用いられ,効果を上げている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android