コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経症 しんけいしょう neurosis

翻訳|neurosis

8件 の用語解説(神経症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経症
しんけいしょう
neurosis

ノイローゼ。イギリスの医師 W.カレン1776年,『精神機能の障害』でこの名を用いたのが最初である。当初は脳卒中てんかん,舞踏病なども含めていたが,その後,神経疾患,器質的脳障害,内因性精神病内分泌障害などが次々にその概念を明確化し,神経症のなかから独立していった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんけい‐しょう〔‐シヤウ〕【神経症】

心理的な原因によって起こる心身の機能障害精神疾患にみられる人格の障害がなく、自分は病気だという意識がある。不安神経症不安障害)・心臓神経症強迫神経症強迫性障害)・心気症ヒステリーなど。ノイローゼ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

神経症【しんけいしょう】

ノイローゼとも。精神障害の一つ。精神的な打撃,あるいは持続的な心的葛藤(かっとう)により生じる心的障害をいう。統合失調症精神分裂病)等の狭義の精神病に比較すると症状も軽く回復は容易。
→関連項目育児ノイローゼ胃神経症外傷性神経症緘黙症境界例情緒障害書痙自律神経失調症神経質精神科精神障害断食療法頻尿不眠症離人症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

神経症

 →ノイローゼ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

しんけいしょう【神経症】

《どんな病気か?》
〈性格的な素因にショックが加わって起こる〉
 神経症(しんけいしょう)(最近では神経症性障害呼ばれる)とは、いわゆるノイローゼのことで、不安神経症、恐怖症、強迫神経症などに分類されます。
 不安神経症や恐怖症では、突然強い不安感、恐怖感などがおそってきて、動悸(どうき)、胸苦しさ、息切れ、呼吸困難などのパニック発作(ほっさ)や、人ごみや電車の中がこわくなる広場恐怖が起こることがあります。
 また、強迫神経症では、小さなことが意に反して頭から離れなくなってしまい、たとえば、夜、戸締まりが心配で何度も起きだして確認せずにいられなくなったりします。
 いずれも、体の病気や精神病ではなく、心理的なことが原因で起こるのが特徴で、もともと性格的に神経症になりやすいタイプの人が、精神的にショックなできごとがあったことなどをきっかけに発病すると考えられています。
《関連する食品》
レバーナッツ類、魚類が心のビタミンになる〉
○栄養成分としての働きから
 神経症に有効なビタミンは、B群に属するものです。まず、「神経のビタミン」と呼ばれるナイアシンと、脳のエネルギー代謝欠かせないビタミンB1、そして神経伝達物質の合成に欠かせないビタミンB6です。
 ナイアシンはカツオ、サバ、ブリなどの魚やレバーに含まれるほか、体内でも合成されます。ビタミンB1は豚肉、ウナギ、ピーナッツ、カレイなどに、ビタミンB6マグロサンマ、サケなどの魚やレバーなどに含まれています。
 精神のコントロールには、脳の神経細胞間の神経刺激を伝達する伝達物質、セロトニンも重要です。体内でセロトニンやナイアシンをつくる原料となるのが、アミノ酸の一種であるトリプトファンです。トリプトファンを多く含む食品は、牛乳、チーズといった乳製品のほか、アーモンドバナナなどです。
 カルシウムマグネシウムといったミネラルにも精神を安定させる働きがあるとされ、不足するとイライラしたり、神経症の症状がひどくなったりします。カルシウムは牛乳、ワカサギイワシといった小魚、ヒジキなどに、マグネシウムはアーモンドなどのナッツ類、ダイズ、ヒジキ、小麦胚芽(はいが)などに豊富です。
 神経症の場合、砂糖やカフェインをとりすぎると、不安な気持ちが起こりやすくなるので注意しましょう。
○漢方的な働きから
 ふだんからシソの葉やユリ根をとるようにしましょう。シソの葉はもやもやした気分を爽快(そうかい)にし、ユリ根は精神を安定させるとされます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいしょう【神経症 neurosis】

ドイツ語でノイローゼNeuroseともいう。神経症とは,精神的または身体的な強い自覚症状をもつが,身体的原因を欠き,その原因が心理機制によって説明される機能的疾患である。神経症という語は1777年にスコットランドの医師W.カレンにより最初に用いられた。当時の概念は現在のそれと異なり,病因不明であった雑多な精神神経疾患の総称であった。その後,J.M.シャルコー,S.フロイト,P.ジャネ,H.オッペンハイムなど多くの学者により,その本態の研究がつみ重ねられ,この間に脳炎,舞踏病,パーキンソン病,癲癇(てんかん)など多くの神経疾患が独立疾患として神経症から排除された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんけいしょう【神経症】

心因によって起こる精神障害。不合理だとわかっていながら現れる強い不安や強迫観念・抑鬱よくうつ・ヒステリーなど種々の症状のため自分自身が苦しむ。ノイローゼ。精神神経症。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経症
しんけいしょう
Neuroseドイツ語
neurosis英語

従来は、精神的葛藤(かっとう)から生じた不安を処理しきれず、心身の機能障害が生じたものをいうとされてきた。また、具体的にはさまざまの身体症状や精神症状が現れるが、それらの症状の根拠になる肉眼的、顕微鏡学的異常所見が認められない、すなわち、器質的でなく機能的であること、そして心理的原因、つまり心因性であることが特徴であるとされてきたが、今日では後述する不安障害などでは生物学的成因も存在することが明らかにされてきている。
 神経症という用語は1777年スコットランドの医師カレンWilliam Cullen(1710―90)によって提唱されたものであるが、当時の意味は原因不明の神経系統の障害という幅の広いもので、パーキンソン病なども含まれており、今日でいう神経症とはかなり内容を異にするものであった。今日の神経症概念が確立するにあたっては心因論、つまり、病気の発生に精神的原因が関与するという研究の発展が必要であった。心因論は催眠の研究を経て、フロイトが精神分析を確立したことによって、より明確なものになった。なお、神経症はドイツ語でノイローゼNeuroseというが、通俗的によばれる際のノイローゼは精神医学的な正しい意味ではなくて、広く精神変調、ある場合には統合失調症をさすことが多い。精神病という用語を使うのを避ける気持ちで使われることもある。神経症が精神病と異なるところは、精神症状がそれほど重篤ではないこと、日常生活は神経症症状のために支障されることはあっても、日常生活に対する責任感や関心を失っていないこと、異常な状態にあることに自覚、つまり病識があることなどである。ところが、アメリカ精神医学会では1980年から診断分類を大改訂した際に神経症という病名を使用することを廃止してしまった。それは神経症という用語がいろいろの意味に使われすぎることと、それまで神経症とされてきたもののなかに、原因として心因ばかりでなく生物学的根拠の存在することが明らかになったことによる。このアメリカ精神医学会の考え方は世界保健機関(WHO)の国際疾病分類(ICD)にも影響をあたえているが、ICDのなかでは神経症性障害という用語は使われている。日本では、しだいに新しい知見を取り入れながらも、従来の分類を用いる傾向も残っている。ここでは新しい考え方に比重を置いて、おもなものを述べる。[西園昌久]

恐慌性障害

パニック障害ともいう。従来の不安神経症のなかの急性不安状態にほぼ相当する。突然、動悸(どうき)、心悸亢進(しんきこうしん)、心拍数の増加、発汗、身震い、息切れ感、胸苦しさ、窒息感、胸痛もしくは胸部不快感、吐き気または腹部不快感、めまい感、ふらつき、頭が軽くなる感じあるいは気が遠くなる感じ、現実でない感じ、あるいは自分自身から自分が離れるような離人症状などに襲われ、死の不安、あるいは精神に異常をきたすのではないかという不安にさらされる。この不安発作は、今日ではパニック発作とよばれるが、いったん発作が治まっても、ふたたび発作におそわれはしないかと予期不安がおき、また、そのために外出恐怖(広場恐怖)へと発展することがある。発作の性質から、狭心症や心筋梗塞(しんきんこうそく)症などとの鑑別診断が重要である。抗うつ薬、抗不安薬の使用で症状が軽減すること、逆にある物質(乳酸)を実験的に体内に注入するとパニック発作を誘発することができることが明らかにされて、ある種の神経症、ことに不安を特徴とする従来の症状をもつ神経症には心理的葛藤とは別に神経の異常活動に原因があること、つまり生物学根拠の存在が認められるようになった。そのような理解をもとにアメリカの精神科診断分類第4版(DSM‐)では不安障害で一括している。恐慌性障害はそのなかの一つである。[西園昌久]

全般性障害

従来の不安神経症の慢性不安状態に相当する。(1)落ち着きのなさ、または緊張感、過敏、(2)疲労しやすさ、(3)集中困難または心が空白になること、(4)易刺激性、(5)筋肉の緊張、(6)睡眠障害(入眠、または睡眠維持の困難)、これらの症状を伴って、仕事や学業などに適応できないと過剰な不安と心配をし、自身では制限することが難しいと感じているものである。[西園昌久]

心気性障害

心気神経症ともいう。からだについての多彩な症状を重ねて訴える一群の神経症。アメリカの診断分類では身体化障害と心気症とに分けられている。[西園昌久]

転換性障害

ヒステリー神経症あるいは転換ヒステリーともいう。多くの場合、運動障害(立てない、歩けない、話せないなど)や知覚障害(見えない、痛くない、頑固な疼痛(とうつう)など)として現われるが、それぞれの神経支配とは矛盾する。また、症状を理由にして家族や社会での利得や責任を免れようとする傾向(疾病利得)がみられるが、それらは本人が意図的に行っているわけではない。[西園昌久]

解離性障害

あるいは解離ヒステリーともいう。遁走(とんそう)(自分が誰であるか忘れてしまって、家族や職場から離れる旅をすること)、健忘、いわゆる多重人格(解離性同一性障害)、離人症(体験していることについての実感がなくなる)など。[西園昌久]

恐怖性障害

アメリカの診断分類では、広場恐怖、ある特定の高所、飛行、動物などを対象とした恐怖、よく知らない人を対象にした社会恐怖が含まれている。[西園昌久]

強迫性障害

本人は、そのような思考、衝動、イメージは不適切と判断し、無視あるいは抑制しようと試みるが、反復的持続的にある思考、衝動、イメージが侵入的に起きてくる。中心をなす症状は強迫観念と強迫行為である。[西園昌久]

外傷後ストレス障害

Post Traumatic Stress Disorderを略してPTSDともいう。死に直面するような出来事、身体の危険にさらされる体験を自ら体験、あるいは目撃、それらに対する戦慄の反応をし、それが反復的、侵入的に想起されたり、再び起きているかのように感じたり行動したり(フラッシュバック)、外傷と関連して持続的回避と全般的な反応性の麻痺を認め、さらに睡眠障害、怒り、集中困難、過度の警戒心、過剰な驚愕(きょうがく)反応などの覚醒亢進(かくせいこうしん)症状が存在する。なお、日本ではPTSDを一般的に「心的外傷後ストレス障害」とよぶことがあるが、DSM‐では「心的」は使っていない。[西園昌久]

治療

神経症の治療は、生物学的な脆弱(ぜいじゃく)性と精神的葛藤とが重なりあって発病するという理解にたって、薬物療法と精神療法とを併用するのが一般的である。ことに、不安障害に属するパニック障害、全般性不安障害、恐怖性障害、心気性障害、強迫性障害、PTSDなどは、抗不安薬、SSRI、SNRIなどの薬剤で症状改善が得られることが期待される。しかし同時に、治療者と患者の関係がよくなるよう支持的精神療法もなされねばならない。そうでないと医師を転々とするドクターショッピングや薬物依存が生じてしまう。薬の効果のない不安障害に属するもの、転換性障害あるいは解離性障害には本格的な精神療法が必要である。精神分析療法、行動療法、認知療法、森田療法などである。それらの本格的精神療法は、そのための専門的訓練を受けた専門家によってなされるが、そのほとんどの人が大都会に偏っているのと社会保険診療では不可能でないにしても困難であるのが難点である。[西園昌久]
『懸田克躬・高橋義孝訳『フロイト著作集1 精神分析入門』正続(1971・人文書院) ▽西園昌久著『精神医学の現在』(2003・中山書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神経症の言及

【アードラー】より

…その後,児童相談所の開設,各国での講演など活発な活動を続けたが,29年コロンビア大学客員教授となり,以後アメリカに定住して,ホーナイらに深い影響を与えた。彼は,フロイトが神経症の原因として性衝動を重視したのに対して,性的でない要素,つまり自我の欲求や性格傾向が神経症を生むと主張した最初の人であった。また,フロイトが過去に原因を求めたのに対し,人間行動の目的性を重視し,人はほとんど実現不能な目標を追求して神経症的になると考えた。…

【エディプス・コンプレクス】より

…児童を直接治療したM.クラインによれば,すでに3歳以前,生後1年の間においてすらエディプス的な幻想がみられるという。神経症者は,フロイトによれば,エディプス・コンプレクスの克服に失敗した者であり,成人してからもそれを強くもち続けている者である。両親の不安定な養育や偏頗(へんぱ)な愛情が,子どものエディプス・コンプレクスを不当に強化することは自明のことであろう。…

【カレン】より

…神経力の高下により身体実質部の張力が変動し,過度の緊張あるいは無力状態になると諸種の病気が起こると説き,鎮静剤と緊張剤の使用を推奨した。疾病分類の中に〈神経症〉を記載した。【本田 一二】。…

【境界線分裂病】より

…神経症(ノイローゼ)と精神分裂病との境界もしくは中間に位置づけられるケースで,単に〈境界例borderline case〉とも略称される。執拗な心気傾向,強迫ないし恐怖,離人など神経症症状を前景としながら,妄想や被影響体験が混じったり,若年者の場合には各種の行動異常(暴力,薬物乱用,自傷行為など)が目だち,治療も時に難渋する。…

【強迫神経症】より

…強迫思考や強迫行為に悩んでいる状態で,精神病や脳器質性の障害を否定することができる場合をいう。強迫神経症という名称を理論的な根拠に基づいて使用したのはS.フロイトである。彼以前には,パラノイアと強迫状態との類似がもっぱら考えられており,フロイトがはじめて強迫とヒステリーとの共通点をあげて,これを神経症とみなしたのである。…

【恐怖症】より

…このような恐怖をもつ人物は,恐怖すべき対象,行為あるいは状況を避けるようになる。この回避行動が社会生活に支障をきたすものとなれば,治療を必要とする神経症の一類型となる。もっとも,軽度の恐怖は,多くの人に見られるもので,社会生活に影響を及ぼすほどのものではない。…

【自我本能】より

…従来〈自我本能〉と訳されてきたが,Trieb(英語ではdrive)の原義からいって〈自我衝動〉ないし〈自我欲動〉とするのが正確である。フロイトは正常人の知覚や学習の現象を研究していた彼以前の心理学者と異なり,臨床医だったので,神経症を問題にした。神経症を説明するためには,葛藤の概念が不可欠であり,葛藤の起源を考えなければならなかった。…

【精神分析】より

…精神分析とは,創始者であるS.フロイト自身の定義に従うと,(1)これまでの他の方法ではほとんど接近不可能な心的過程を探究するための一つの方法,(2)この方法に基づいた神経症の治療方法,(3)このような方法によって得られ,しだいに積み重ねられて一つの新しい学問的方向にまで成長してゆく一連の心理学的知見,である。ここでフロイトの述べている方法とは,主として自由連想法である。…

※「神経症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神経症の関連キーワード素因何心地不死身プリマドンナドンナループス素因メンデルスゾーン:7つの性格的な小品/piano soloアルベニス:12の性格的な小品集/piano soloアルカン:12ヶ月集 12の性格的な小品/piano solo丼汁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神経症の関連情報