成人(読み)セイジン

デジタル大辞泉の解説

せい‐じん【成人】

[名](スル)
心身が発達して一人前になった人。成年に達した人間。おとな。現在一般的には、満20歳以上の者をいう。
子供が成長して大人になること。「娘はもう成人して働きに出ている」
[補説]民法改正により、成人年齢令和4年(2022)4月から18歳に引き下げられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいじん【成人】

( 名 ) スル
心身ともに成長して、一人前の人間になること。また、その人。 「子供は皆-して家を出た」
成年に達すること。また、その人。現代日本では満二〇歳以上の男女をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐じん【成人】

〘名〙
① (━する) 幼い者が成長すること。おいたっていくこと。成長。また、成長した子ども。大きくなった子ども。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※曾我物語(南北朝頃)一一「人の親のならひ、我身のおとろへをば知らずして、子のせいじんを願ひしぞかし」
※浮世草子・好色盛衰記(1688)一「乳母(うば)に抱もりの女房あまたつきそひ、日ごとに成人(セイジン)して」
② (━する) おとなになること。成年に達すること。また、その人。おとな。現在、日本では、満二〇歳以上の者をいう。→げんぶく(元服)
※令義解(833)僧尼「凡僧聴近親郷里。取信心童子〈謂。未成人之称也〉供侍
※平家(13C前)六「君御成人の後、清濁をわかたせ給ひての上の事にてこそあるに」 〔礼記‐冠義〕
③ 知徳がそなわり人格がすぐれた人。思慮分別をわきまえた人。
※山王絵詞(1310頃)二「延暦寺五代の座主智証大師〈略〉いとけなくして成人の賢慮あり」 〔詩経‐大雅・思斉〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の成人の言及

【成体】より

…幼生から成体への移行は一般に変態と呼ばれる。ヒトの場合は,生殖能力から見る限り思春期には成体に達することになるが,脳の発達はなお20歳ころまで続くため,成人という概念のほうが生物学的な成体の概念に近いと思われる。【団 まりな】。…

【成年】より

…また,さまざまな儀礼が伴うことが多い。
【日本】

[古代]
 日本古代の律令に規定される年齢区分では,男子は課役賦課対象の21歳以上の正丁を成人とみなしている。ただし17~20歳(少丁・中男)を16歳以下と区別して一部の課役賦課を開始する年齢としていた。…

【裳着】より

…平安朝の宮廷貴族社会で行われた通過儀礼の一つで,女子が成人して初めて衣裳を着ける儀式をいう。裳著とも書き,和文の文学作品での呼び方で,漢文体の公卿日記・儀典書などでは〈着(著)裳(ちやくも)〉という。…

※「成人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成人の関連情報