コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成人 セイジン

デジタル大辞泉の解説

せい‐じん【成人】

[名](スル)
心身が発達して一人前になった人。成年に達した人間。おとな。現在一般的には、満20歳以上の者をいう。
子供が成長して大人になること。「娘はもう成人して働きに出ている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいじん【成人】

( 名 ) スル
心身ともに成長して、一人前の人間になること。また、その人。 「子供は皆-して家を出た」
成年に達すること。また、その人。現代日本では満二〇歳以上の男女をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の成人の言及

【成体】より

…幼生から成体への移行は一般に変態と呼ばれる。ヒトの場合は,生殖能力から見る限り思春期には成体に達することになるが,脳の発達はなお20歳ころまで続くため,成人という概念のほうが生物学的な成体の概念に近いと思われる。【団 まりな】。…

【成年】より

…また,さまざまな儀礼が伴うことが多い。
【日本】

[古代]
 日本古代の律令に規定される年齢区分では,男子は課役賦課対象の21歳以上の正丁を成人とみなしている。ただし17~20歳(少丁・中男)を16歳以下と区別して一部の課役賦課を開始する年齢としていた。…

【裳着】より

…平安朝の宮廷貴族社会で行われた通過儀礼の一つで,女子が成人して初めて衣裳を着ける儀式をいう。裳著とも書き,和文の文学作品での呼び方で,漢文体の公卿日記・儀典書などでは〈着(著)裳(ちやくも)〉という。…

※「成人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成人の関連情報