小児(読み)しょうじ

精選版 日本国語大辞典「小児」の解説

しょう‐じ セウ‥【小児】

〘名〙 (「じ」は「児」の漢音)
① 自分の子をへりくだっていうのに用いる。また、他人をあざけっていう語。小人。豎子。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「少児何足国大事」 〔梁昭明太子‐陶靖節伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「小児」の解説

【小児】しよう(せう)じ・しよう(せう)に

こども。〔史記、淮陰侯伝〕劉邦)素(もと)より慢にして禮無し。今大將を拜するに、小兒を呼ぶが如きのみ。~王必ず之れを拜せよ。

字通「小」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android