コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小八木五兵衛 こやぎ ごへえ

2件 の用語解説(小八木五兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小八木五兵衛 こやぎ-ごへえ

?-? 幕末の武士。
土佐高知藩士。郡奉行,仕置役などを歴任。強硬な佐幕派で,後藤象二郎,板垣退助らと対立。明治元年(1868)失脚したが,3年士籍にもどった。名は政躬。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小八木五兵衛

生年:生没年不詳
幕末の土佐(高知)藩士,佐幕派の指導者。藩祖山内一豊徳川家康から受けた恩顧を主張。大政奉還後の慶応3(1867)年11月,同志を糾合して後藤象二郎,乾(板垣)退助を弾劾。この処理に忙殺され前藩主山内豊信の上洛が遅れ,土佐藩の大政奉還運動に挫折をもたらした。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone