対立(読み)タイリツ

デジタル大辞泉の解説

たい‐りつ【対立】

[名](スル)二つのものが反対の立場に立つこと。また、二つのものが互いに譲らないで張り合うこと。「兄と対立する」「意見が対立する」「対立候補」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいりつ【対立】

( 名 ) スル
二つの反対の立場にあるものが並び立っていること。互いに相いれないものが向かい合っていること。対峙たいじ。 「 -候補」 「意見が-する」 〔「附音挿図英和字彙」(1873年)に contrast の訳語として載る〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐りつ【対立】

〘名〙
① (━する) 反対の立場にある者が互いに譲らないこと。また、同等の地位で二つの事柄が対をなして両極から向かいあっていること。向かいあって立つこと。対峙(たいじ)。たいりゅう。〔附音挿図英和字彙(1873)〕
※善心悪心(1916)〈里見弴〉「他人との対立(タイリツ)に於てでなく、自分一人の、絶対の自由を」
② 伝統的形式論理学で、同じ主語と述語をもつが、質と量において異なる四種の定言命題の間に成立する関係。全称肯定、全称否定、特称肯定、特称否定の諸命題間に成立する大小対当、矛盾対当、反対対当、小反対対当の関係。対当。対当関係。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の対立の言及

【闘争】より

…特定の個人や集団,あるいは階級,民族,社会など複数の行為主体の間で,ある主体が――たとえば自己の目標達成を阻害するとか自己の感情と相いれないとか,自己にとってなんらかの妨げとなる(もしくは妨げになると思われる)――他の主体それ自体を排除したり他の主体の行為を妨害し停止させるという意図のもとで,相互に両極的な形をとって対立しあう相互作用形態をいう。たとえば国家間の戦争,学問上の論争,法廷での訴訟などがそれである。…

※「対立」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対立の関連情報