小学校の「外国語」

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小学校の「外国語」

2020年度に全面スタートする新しい学習指導要領では、現在は5、6年生が週1回、会話や歌などで学ぶ「外国語活動」の授業を3、4年生に繰り下げ、5、6年生には新たに週2回の「外国語」の授業を始める。大半の学校で英語を教える。内容も時数も広がるため、英語が専門ではない教員が教える機会が増えるとみられる。新指導要領は17年3月に告示済みで、県内では新潟市などの自治体が、すでに時数増などの取り組みをしている。

(2019-06-28 朝日新聞 朝刊 新潟全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小学校の「外国語」の関連情報