コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気持(ち) キモチ

デジタル大辞泉の解説

き‐もち【気持(ち)】

物事に接したときに心にいだく感情や考え方。「気持ちのこもった贈り物」「お気持ちはよくわかります」
ある物事に接したときに生じる心の状態。気分。感じ。「気持ちのよい朝」「気持ちの悪い虫」
物事に対しての心の持ち方。心がまえ。「気持ちを新たにする」「気持ちを引きしめてかかる」
からだの状態から生じる快・不快の感じ。気分。「気持ちが悪く吐き気がする」
相手に対する感謝の心や慶弔の意などを表す語。ふつう謙遜していうときに用いる。「ほんの気持ちですが」「気持ちばかりの品を送ります」
(副詞的に用いて)ほんのわずか。「気持ち長めに切る」
[用法]きもち・気分ここち――「気持ち(気分、心地)がよい(悪い)」「すがすがしい気持ち(気分、心地)だ」のように、心の状態をいう場合には、相通じて用いられる。◇「気持ち」は心の状態だけでなく、考え方や考えの内容を表す。「どういうつもりなのか、彼の気持ちがわからない」の場合は、「気分」「心地」は使わない。◇「気分」は快・不快、明・暗などの心身の状態を中心に、「とりとめのない気分」「気分がすぐれない」「お祭り気分」「その場の気分を敏感に察する」など、ひろく漠然とした感じや雰囲気の表現にも及ぶ。◇「心地」は、「生きた心地がしない」「天にも上る心地」のような慣用表現として、また「住み心地」「乗り心地」のような熟語として用いられる。◇「気持ち(心持ち)右を向いてください」は、「気持ち」「心持ち」だけの用法である。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

気持(ち)の関連キーワードパーソナル・ギフト似れば似るものマーワルディー居た堪らない面で人をきる気を悪くする肚芸(腹芸)そそくれる小倉万里子中戸川吉二饅頭こわい悪人正機説長屋の花見近世社会難波物語中里恒子しくじる定に入るうそ寒い心を掴む

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気持(ち)の関連情報