小寒の氷大寒に解く(読み)ショウカンノコオリダイカンニトク

デジタル大辞泉の解説

小寒(しょうかん)の氷(こおり)大寒(だいかん)に解(と)く

小寒よりも大寒のほうがかえって暖かいこと。物事が必ずしも順序どおりにいかないことのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうかん【小寒】 の 氷(こおり)大寒(だいかん)に解(と)

大寒の方が小寒よりも寒さが厳しいはずなのにかえって暖かなことにいう。転じて、物事が必ずしも順序通りでないことのたとえ。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる