コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳しい/酷しい キビシイ

デジタル大辞泉の解説

きびし・い【厳しい/酷しい】

[形][文]きび・し[シク]
厳格で少しのゆるみも許さないさま。厳重である。「―・いしつけを受ける」「―・く取り締まる」「練習が―・い」
いいかげんな対処が許されないさま。困難が多くて、大変なさま。「生活が―・い」「前途は―・い」
自然現象などの程度が著しいさま。
㋐傾斜が急である。けわしい。「―・い山容」
㋑気象条件がなみはずれている。激しい。ひどい。「寒さが―・くなる」「残暑―・い折から」
物事の状態が緊張・緊迫しているさま。「―・い国際情勢」「表情を―・くして会見する」
すきまがなく密である。
「松―・しく生ひつづき」〈東関紀行
なみはずれているとしてあきれ、また、感心するさま。たいしたことだ。結構だ。→厳し
「鯛の浜焼に、蛸(たこ)の桜煮、これは―・いお持たせぢゃな」〈伎・五大力
[補説]平安初期にはク活用。
[派生]きびしげ[形動]きびしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きびしい【厳しい】

( 形 ) [文] シク きび・し
厳格で、手心を加えない。取り扱いに容赦がない。 「戒律が-・い」 「 - ・い先生」 「 - ・くしつける」
耐えがたいほど激しい。激烈だ。 「残暑が-・い」 「砂漠地帯の-・い環境」
人を寄せつけないような印象を与える。柔和でない。 「 - ・い表情」 「 - ・い山容」
何かをするのがむずかしい状態である。 「合格は-・いかもしれない」
すき間なく詰まっている。密度が高い。 「松-・しく生ひつづき/東関紀行」
大したものだ。素晴らしい。 「鯛の浜焼に蛸の桜煮、これは-・しいお持たせぢやな/歌舞伎・五大力」 〔もともとク活用の語で、シク活用が生じたのは平安中期からかと思われる〕 → きびし
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

厳しい/酷しいの関連キーワードチベタン・キュイ・アプソエクストリームスポーツエクストリームスキー特地・準特地駐在所サバイバルゲームハードワークスパルタ教育硝酸トリウム酢酸ウラニル心を鬼にする余りと言えば上乗せ条例身を持する悟りを開くストリクト鉄鎚を下すスパルタ式今日此の頃屹度なるタフラブ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android