小松 勇五郎(読み)コマツ ユウゴロウ

20世紀日本人名事典の解説

小松 勇五郎
コマツ ユウゴロウ

昭和・平成期の官僚,実業家 神戸製鋼所会長;元・通産事務次官。



生年
大正9(1920)年9月18日

没年
平成7(1995)年12月23日

出生地
高知市

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部〔昭和19年〕卒

経歴
昭和19年軍需省入省。戦後通産省に移り、43年国際経済部長を経て、49年事務次官となり、在任中日米貿易交渉などに力を発揮したことで知られる。53年神戸製鋼所に入社。副社長、副会長を経て、59年6月より会長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

小松 勇五郎 (こまつ ゆうごろう)

生年月日:1920年9月18日
昭和時代;平成時代の官僚;実業家。通産事務次官;神戸製鋼所社長
1995年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android