会長(読み)かいちょう

精選版 日本国語大辞典「会長」の解説

かい‐ちょう クヮイチャウ【会長】

〘名〙
① 会の事務を管理し、その会を代表する人。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「前面なる会長の席より少しく低く会員の席より少しく高き処に方形の発言台を設けたり」
社長の上に位置する、その会社の長。一般に、社長を引退した人の名誉称号に用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「会長」の解説

かい‐ちょう〔クワイチヤウ〕【会長】

会や団体の仕事を統括し、代表する人。
会社で、社長の上に置かれる役職。また、社長を退いた人の名誉職

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android