少人数私募債

  • しょうにんずうしぼさい〔セウニンズウ〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

社債は企業が直接市場から資金を調達する手段の一つで、会計上はとは異なり投資家からの借り入れになる。大企業が不特定多数に募集する公募債に対して、少人数私募債は主に中小企業取引先親類など、プロ以外の特定の投資家を対象に勧誘、販売する。購入者が発行者について一定の情報を持っていることが前提のため、投資判断の材料となる有価証券届出書などを国に提出する義務はない。取締役会の議決だけで発行できる手続きの簡易さや、償還期限利息を自由に設定できる使い勝手の良さから、近年、注目されている。

(2010-12-30 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android