コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少人数私募債

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

少人数私募債

社債は企業が直接市場から資金を調達する手段の一つで、会計上は株とは異なり投資家からの借り入れになる。大企業が不特定多数に募集する公募債に対して、少人数私募債は主に中小企業取引先親類など、プロ以外の特定の投資家を対象に勧誘、販売する。購入者が発行者について一定の情報を持っていることが前提のため、投資判断の材料となる有価証券届出書などを国に提出する義務はない。取締役会議決だけで発行できる手続きの簡易さや、償還期限利息を自由に設定できる使い勝手の良さから、近年、注目されている。

(2010-12-30 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

事業再生用語集の解説

少人数私募債

会社が、49人までの少数の特定の投資家に販売(募集)する無担保普通社債。公募債に比較して手続の煩雑さを回避することができる。 中小企業含め、新たな資金調達の手段として注目されている。

出典|(株)セントラル総合研究所事業再生用語集について | 情報

少人数私募債の関連キーワード社債

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android