コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尖峰 センポウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぽう【×尖峰】

槍の穂先のようにとがった

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんぽう【尖峰】

とがった峰。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の尖峰の言及

【浸食作用】より

…二つの圏谷に挟まれた岩稜は,鋭い岩塔や針状峰が並ぶ鋸歯状の氷食山稜arêteとなる。三つ以上の圏谷の切り合う所には,マッターホルンのような角錐状の尖峰(ホルンHorn)を生ずる。流域の降水量が同じとした場合は,氷食は河食に比べて強く働くので,氷食谷は深く幅広くU字形にうがたれる。…

※「尖峰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尖峰の関連キーワードユンカイターシャン(雲開大山)山脈ベステルオーレン[諸島]ヨートゥンヘイメン山地ロフォーテン[諸島]ピトンドラフルネーズ駒ヶ岳(山梨・長野)エギーユデュミディヨステダール氷河シエラネバダ山脈ロフォーテン諸島ピトンデネージュキナバル[山]槍ヶ岳・槍ヶ嶽エギーユベルトフランス(国)クック[山]ドロミーティカンタル県鹿島槍ヶ岳モンセラト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android