コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂先 ホサキ

デジタル大辞泉の解説

ほ‐さき【穂先】

植物の穂の先。「稲の穂先が出揃う」
筆・釣り竿など、細長くとがっているものの先端。
刀・槍などの先端。きっさき。
空穂(うつぼ)の部分の名。矢を入れる筒の最下端の部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の穂先の言及

【槍∥鎗∥鑓】より


[鑓の身]
 鑓は身と柄からなるが素鑓(すやり)といって,両刃でまっすぐな身を用いるのが普通で,その特に長いのを〈大身(おおみ)の鑓〉という。身の先端を〈穂先〉といい,柄の内部にさし込む部分を〈茎〉とし,刃と茎との境を〈けらくび〉または〈しおくび〉という。身の作りは片面に鎬を立てた三角を常とし,これに正三角と扁平な平三角がある。…

※「穂先」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

穂先の関連キーワードやりがんな(【やりがんな】)テーパリングクラウドぺんてる筆 つみ穂ぺんてる筆 すき穂辣韮筆・辣韭筆禿筆を呵すぺんてる筆鎌十文字穀打ち台千切れ筆十文字槍茶筅通し毛描筆捌き筆面相筆彩色筆禿び筆槍ヶ岳坊主筆生反り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穂先の関連情報