コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尺取虫 シャクトリムシ

デジタル大辞泉の解説

しゃくとり‐むし【尺取虫】

シャクガ幼虫。細長い芋で、腹脚が二対しかないので、人が親指と人さし指で尺をとるような進み方をする。静止すると枯れ枝に似る。土瓶わり。すんとりむし。おぎむし。 夏》「―尺とり失せて酒剰(あま)さず/桂郎」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくとりむし【尺取虫】

シャクガ科のガの幼虫。広葉樹の葉を食害するものが多い。細長い芋虫で、人が指で布地の寸法を測るような独特の歩き方をするのでこの名がある。オギムシ。しゃくとり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尺取虫
しゃくとりむし

シャクガ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

尺取虫 (シャクトリムシ)

動物。シャクガ科の幼虫の俗称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

尺取虫の関連キーワードエダシャクワレカラ広葉樹桑枝尺寸取虫杖突虫枝尺取寸法布地擬態尺取動物尺蠖

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android