俗称(読み)ゾクショウ

大辞林 第三版の解説

スル
正式の名前ではないが、世間一般に通用している名称。通称。
僧が、俗人であったときの名前。俗名ぞくみよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 俗世間でいいならわすこと。また、その名称。本名以外に一般に通用している呼び名。世間での通り名。通称。俗名(ぞくみょう)
※本朝食鑑(1697)三「茖葱〈略〉行者蒜 俗称」
※江戸繁昌記(1832‐36)二「俳歌、是れ也。狂歌は俗称なり」
② 出家する前の名前。また、生前の名前。俗名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

俗称の関連情報