コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尻餅 シリモチ

デジタル大辞泉の解説

しり‐もち【尻餅】

後ろに倒れて尻を地面に打ちつけること。「滑って尻餅をつく」
子供の初めての誕生日を祝ってつく餅。初めての誕生日より前に立って歩いた子供は早く家を出て行くといって、この餅を背負わせてわざと倒したりする。
喜んで小躍りすること。
一休聞こしめし、善哉善哉(ぜんざいぜんざい)とて―ついて喜び給ひて」〈咄・一休咄・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

尻餅の関連キーワード柳家 つばめ(4代目)桂 枝雀(初代)落語の演題へたる餅負い

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尻餅の関連情報