尾ろのはつお(読み)おろのはつお

精選版 日本国語大辞典「尾ろのはつお」の解説

おろ【尾ろ】 の はつお

(「はつお」は「初麻」) 鳥ののような、その年最初に収穫した麻。一説に、「はつお」は「端つ尾」ので、鳥の尾の中で一番長い尾の意ともいう。山鳥の尾ろのはつお。→端尾(はつお)
万葉(8C後)一四・三四六八「山鳥の乎呂能波都乎(ヲロノハツヲ)に鏡懸け唱ふべみこそ汝に寄そりけめ」
[補注]中古末の万葉趣味によって使われるようになった歌語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android