コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鳥 ヤマドリ

デジタル大辞泉の解説

やま‐どり【山鳥】

山の中にすむ鳥。山の鳥。
キジ科の鳥。日本特産で、本州・四国・九州の森林にすむ。雄は尾が長いので全長約125センチ、雌は約55センチ。全体に赤褐色で縦斑があり、尾には黒い横縞がある。単独または小さな群れで行動し、一夫多妻。雄は繁殖期に翼を羽ばたかせて音をたてる母衣打(ほろう)ちをする。狩猟鳥。やまきじ。おひき。おなが。とおやまどり。 春》「―に翔たれつまづく雪の嶮/亜浪
2雌雄が峰を隔てて別々に寝るといわれたところから》ひとり寝することをたとえていう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまどり【山鳥】

山にすむ鳥。
キジ目キジ科の鳥。日本特産。雄は尾が長く、全長約1.4メートルのうち、尾が1メートル 近くを占める。雌は尾が短く、全長約65センチメートル。雄は全身銅色で尾には黒・褐色の節状のしまがある。雌は全体が赤褐色。山林にすみ、雄は繁殖期になると翼をふるわせ、強い羽音をたてて雌を呼ぶ。北海道を除く各地に分布。
エゾライチョウの別名。
は雌雄が峰を隔てて寝るという言い伝えから〕 古くより詩文で「ひとり寝」のことをいう。 「よろづに思ひあかし給ふ。-のここちぞし給ひける/源氏 夕霧
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山鳥 (ヤマドリ)

学名:Phasianus soemmerringii
動物。キジ科

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

山鳥の関連キーワードヴィクトル ローゾフオニゼンマイ(鬼薇)トリカブト(鳥兜)山鳥のはつおの鏡大幣神事[宇治]鳥毛立女図屏風ベニハシガラス曾根天満宮秋祭エゾライチョウ矢羽根・矢羽鴉鷺合戦物語鳥頭の太刀金華山瀬戸柿本人麻呂幹・簳・柄置き迷ふほろほろ遅塚久則一夫多妻ヤマドリ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山鳥の関連情報