コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の手奴 ヤマノテヤッコ

デジタル大辞泉の解説

やまのて‐やっこ【山の手奴】

近世、江戸の山の手の大名旗本に雇われた奴。赤坂奴(あかさかやっこ)。
「やっこやっこ小奴に―」〈浄・栬狩剣本地〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまのてやっこ【山の手奴】

江戸時代、江戸番町・赤坂あたりに住む大名や旗本に仕えた奴。赤坂奴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山の手奴の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android