コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旗本 はたもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旗本
はたもと

元来は戦場にあって主君を護衛する直属の武士団をさしたが,江戸時代には将軍家直属の家臣のなかで1万石以下,御目見 (おめみえ) 以上の者をいい,将軍から土地あるいは蔵米を給与された。諸藩の家臣と違って,実際に土地を与えられること (→地方知行 ) が多く,3000石以上の者は知行所陣屋を設置して支配にあたっていた。 3000石以下の者は支配権を幕府代官にゆだね,年貢だけを収納した。領地の司法権は非常に制限されており,重要な判決は幕府にまかせることが多かった。江戸に在住する義務があり,役職は番方 (ばんかた) と役方 (やくかた) とがあった。無職で 3000石以上の者と布衣 (ほい) の者は寄合組 (よりあいぐみ) ,それ以下は小普請 (こぶしん) 組に編入された。総数は約 5000で,3000石以上が 250人いた。俗に「旗本八万騎」といわれるが,それは陪臣を含めた戦力の表現と考えてよかろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はた‐もと【旗本】

戦場で大将のいる本陣。本営。
大将に直属し、本陣を守る役目の武士。幕下(ばっか)。麾下(きか)。旗下(きか)。
江戸時代、将軍家直参(じきさん)で、1万石未満、御目見(おめみえ)以上の武士。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

旗本【はたもと】

軍陣で主将旗のあるところを指し,転じて主将の旗下にある直属の近衛兵をいった。江戸時代には将軍の直臣のうち,大名(1万石以上)・御家人(御目見以下)を除いた1万石未満,御目見以上の家格の者をいった。
→関連項目相対済令大久保彦左衛門大目付遠国奉行海軍総裁海軍操練所開成所寛政重修諸家譜棄捐令給地京都見廻組蔵米蔵前相場軍艦操練所元禄の大火交代寄合甲府勤番講武所地方知行地方直し地頭知行張紙値段札差分知水野十郎左衛門目付柳生氏陸軍総裁若年寄

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はたもと【旗本】

原義は軍陣で主将旗のある所(本陣)の意であるが,転じて主将の旗下にある直属の近衛兵をいう。江戸時代には,将軍の直属家臣である大名・旗本・御家人のうち,旗本は知行高1万石以下で将軍に謁見できる御目見(おめみえ)以上の格式の者を称した。旗本と御目見以下の家臣である御家人とを総称して直参(じきさん)または幕臣といった。ただし,同じく1万石以下の直臣ではあるが,名家の子孫で幕府の儀礼をつかさどる高家こうけ)と参勤交代の義務をもつ交代寄合は別格であり,老中支配に属した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はたもと【旗本】

軍陣で大将のいる所。本陣。本営。
大将の近くにあってこれを護衛する家臣団。麾下きか
江戸時代、将軍直属の家臣のうち、禄高一万石以下で御目見おめみえ以上の格式を有する者。御目見以下の御家人とあわせて直参じきさんという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旗本
はたもと

江戸時代1万石未満の幕臣の総称。将軍と謁見する資格のある者を旗本といい、ないものを御家人(ごけにん)という。もともと征夷(せいい)大将軍の唐名を幕下(ばっか)といい、旗本は帷幕(いばく)と軍旗を守る将士の意味で一般に使用された。江戸初期には旗本の語意は幕臣一般の総称として使われ、御家人との区別は明確でなかったが、17世紀後半以降、両者を分ける風が定着していった。公式文書では御目見(おめみえ)以上と書くことが多い。総数は約5200家。ほかに御家人は約1万7000家に上った。三河以来の譜代(ふだい)の士や分家、織田(おだ)氏や豊臣(とよとみ)氏以来の旧家の子孫や学問技芸により新たに召し出された者など多様な家で構成されていた。[佐々悦久]

知行形態

旗本の俸禄(ほうろく)には知行取(ちぎょうとり)と蔵米取(くらまいとり)があった。知行取は実際に領地が与えられるもので、蔵米取は直轄領から収納した蔵米のなかから決まった額の米を支給されるものである。知行取は武家本来の知行形態のあり方として意識され、望む者が多かった。このため大名の家臣では18世紀以降になると蔵米取が大部分を占めるのに対して、旗本の場合には知行取も多い。18世紀後半の知行取は2908人・275万石余、蔵米取は2030人・45万俵余となっている。蔵米取にはさらに切米(きりまい)取、現米(げんまい)取、扶持米(ふちまい)取の3種類があった。もっとも多いのが切米取で、俵高で示された。たとえば切米100俵は、1俵3斗5升の割合で計算され35石の米が幕府の米蔵から支給された。階層的には100俵から500俵が中心である。[佐々悦久]

非役と勤仕

旗本は江戸集住を原則とし武家諸法度(ぶけしょはっと)などにより幕府の統制を受けた。非役の者も多く、家禄の高と由緒に応じて交替寄合(こうたいよりあい)、寄合、小普請(こぶしん)などの溜(たまり)の役に編成され、無役御役金を上納することとされた。就職・昇進は寄合と小普請で異なり、家柄や家禄、父親の勤功、本人の特技などにより決定された。寄合は布衣(ほい)に相当する格式をもち、番士となることは少なく、中奥小姓(なかおくこしょう)などの役職についた。小普請の場合、そのなかに両番筋、無筋、大番筋などの番方各職に対応する家格があり、これにしたがって番士となるのがもっとも一般的である。[佐々悦久]

旗本知行所

知行取の旗本を地頭(じとう)といい、その領地を知行所、地頭所といった。知行所は近世を通して46か国にわたって分布している。うち約8割が関東地域に集中し、畿内(きない)、東海地域の順となっている。知行所はひとまとまりに与えられるのでなく、数か村に分散したり、相給(あいきゅう)といい一村を複数の領主で支配するのが一般的である。支配は陣屋か、もたない場合は有力な村役人を在役(ざいやく)に任命して行った。行政や司法は幕府に準拠して行われたが、なかには知行所法度を定めて基本法とした所もある。家臣は幕府の軍役規定に応じて抱えられたが、実際はずっと少なく、必要なときは日雇いにするか知行所に勤めさせた。財政は知行規模が小さいため初期から困窮し、近世を通してそれが恒常化していることが多い。[佐々悦久]
『新見吉治著『旗本』(1967・吉川弘文館) ▽鈴木寿著『近世知行制の研究』(1971・日本学術振興会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の旗本の言及

【江戸幕府】より

…このように私的に発生した武力を全国的規模において公的に組織した権力という鎌倉幕府の基本的性格は,室町幕府を経て江戸幕府にも受け継がれている。近世においては,大名,旗本あるいはその家臣たちの所領支配と武力の私的性格は極限的にまで失われていたが,彼らはなお独立した戦闘単位としての性格を保存しており,彼らを公的な軍隊に編成・統制するところに江戸幕府の将軍権力の本質があった。 次に頼朝が直接動員しえたのは彼と主従関係を結んだ御家人だけであり,当時の社会には朝廷,寺社,国衙などと結ぶ諸勢力が広範かつ強固に存在し,武士であっても頼朝と主従関係にない非御家人は幕府の統制外にあった。…

【家格】より

…これによって官位を通じて武家の統制が可能になった。そのほか大名,旗本の江戸城内の詰所,大名の城の有無など,いずれも家の格式を表示するものとして考えられるようになる。そのほかにも行列に立てる飾り道具や乗物までが家によって規制されていた。…

【諸士法度】より

…江戸幕府が旗本・御家人を対象として発布した法令。万石以上の大名に対して出された武家諸法度に対応するもので,1635年(寛永12)3代徳川家光のとき,64年(寛文4)4代家綱のときの2度出された。…

【知行】より

…【石井 紫郎】
[近世領主の知行]
 江戸時代の領知・知行は,領主の領地に対する支配権をいう。近世の知行は,室町時代に形成された大名領地の一円知行を継承したものといってよいが,戦国大名領の知行がみずからの相続,購入,割譲などによって形成されてきたのに対し,江戸期領主(大名,旗本)の知行は,日本全土を領有する将軍から朱印状によって領地を宛行,または安堵されることによって成立した。したがって,みずからの意に反し,将軍(幕府)の意向で知行の没収(改易),知行高の削減(減封),もしくは知行地の変更(転封,国替)を余儀なくされることもあった。…

【幕藩体制】より

…御料は幕府直轄領(天領)であり,佐渡,足尾,石見などの主要鉱山や,大坂,京都,江戸,長崎などの主要都市もその中に含まれていた。私領は公儀と主従関係にある部将に預けられた知行地で,その部将の公儀との間の位階制的序列によって,大名領(大名),旗本領(旗本)に区分された。約270にのぼる大名の中にも,加賀前田氏のような100万余石の国持大名から,1万石前後までの小大名があり,また,三家以下,譜代,外様などの格による区別もあったが,それらの大名は,みずからの家臣団を抱え,その家臣=給人(きゆうにん)に,位階制的な主従関係に基づいて知行=給人知行を与えた。…

【番頭】より

…江戸幕府の大番頭(役高5000石),書院番頭(同4000石),小性組番頭(同)が諸藩の番頭にあたる。いずれも諸大夫(しよだいぶ)の格であり,側衆(そばしゆう)(役高5000石),留守居(るすい)(同)と並んで,旗本の役職中最高の格式を誇った。【北原 章男】。…

【分知】より

…その際自己の所領の一部を分与し,独立した武士として幕府や藩に仕えさせるが,この分家を分知配当による分家という。分知には2種類あり,その一つは上級領主に公認されて正式に大名,旗本,藩士に取り立てられ,所領の宛行状を交付される場合と,上級領主に公認されながらも宛行状を交付されない場合とがある。通常前者が狭義の分知で,後者を内分(うちわけ)と称する。…

【用人】より

…江戸時代,大名・旗本の家臣で,家政の中枢に位置した役人。財務,礼式,記録などを管理し,諸役人に法令を伝達し,近習,小姓,医師,儒者,右筆などを支配した。…

【留守居】より

…(1)江戸幕府の役職。旗本役の最高で,役高5000石。城主格の待遇を受け,次男まで将軍の御目見を許され,下屋敷を拝領した。…

※「旗本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

旗本の関連キーワードおこよ・源三郎早乙女主水之介切米手形改御目見以上小普請入り小普請支配石谷貞清日光社参駿府加番朽木尚綱藤枝外記駿府定番鷹司信平駿府城代山の手奴吉良富子小普請金御番入り味噌用人島田利正

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旗本の関連情報