山月庵古柳(読み)さんげつあん こりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山月庵古柳 さんげつあん-こりゅう

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
江戸日本橋馬喰町で油屋をいとなむ。咄(はなし)本に文化10年(1813)刊の「新織和笑府(しんおりわしょうふ)」がある。通称は米沢屋四郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる