コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油屋 アブラヤ

3件 の用語解説(油屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐や【油屋】

油を作ったり売ったりする人。また、その店。
《近世、油売りの風俗から》子供用の、胸当てのある前掛け。あぶらやさん。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油屋
あぶらや

油の卸売り、小売りの商人。油は灯油(とぼしあぶら)のことで、古代から使われていたが、その需要が増して専門の生産者や販売者が現れたのは中世からで、近世を通じてつねに欠かせないものであった。ただ原料は、中世のゴマ、エゴマなどから、近世ではナタネ(菜種)、綿実となった。菜種油を種(たね)油・水油、綿実油を白(しろ)油、種油・白油と魚油(ぎょゆ)を除いた胡麻油・荏(えの)油・榧(かや)油を色油といっていた。中世の油は畿内(きない)や各地の油座によって生産と販売が独占されていた。その販売人が行商の油売りである。原料購入と生産、問屋と小売りは14世紀には分化していた。近世では油座の役割は失われ、新しく大坂を中心とした流通形態が生まれた。油問屋である。17世紀には京その他と江戸へ出荷するものとの二つがあった。18世紀には生産者の絞(しぼり)油屋(人力絞りと水車絞り)に原料をあてがう両種物問屋、在方の絞油屋の出店の出(で)油屋が大坂以外の各地からの絞油の荷受けをした。また、油問屋から水油・白油を買い受けて調合した灯油や加工した髪油をつくる油仲買も生まれた。小売りの油屋はこうした問屋から仕入れたもので、行商の油売りも依然として存在した。江戸では下り油が主で、その問屋によって集荷されていたが、18世紀からは地廻(じまわり)油問屋ができ関東産の地油を取り扱い(関東にも絞油屋が出現)、小売りの油屋や油売りに買い取らせた。油売りは三都とも、曲物(まげもの)の桶(おけ)を天秤(てんびん)で担ぎ、藍(あい)木綿の着物に渋染めの胸前垂(まえだれ)をしていた。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

油屋の関連情報