コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本八左衛門 やまもとはちざえもん

1件 の用語解説(山本八左衛門の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまもとはちざえもん【山本八左衛門】

江戸前期の京都の本屋,浮世草子作者。生没年不詳。名は弘之。屋号和泉屋。筆名山八(やまのやつ)。《恋慕水鏡》(1682),《風流嵯峨紅葉(さがもみじ)》(1683)の作があり,刊行書に作者不詳の《諸国此比(このごろ)好色覚帳》(1684‐87ころ)とか雲風子林鴻(うんぷうしりんこう)の《好色産毛(うぶげ)》(1692‐96ころ)などがある。本屋らしく時流に敏感で,著作は仮名草子臭を残すが時事に配慮し,後年好色本流行期には春本まがいの本を出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本八左衛門の関連キーワード月尋堂団水西沢一風石川流宣大森善清西村市郎右衛門八文字屋自笑(初代)八文字屋瑞笑本多月楽山の八

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone