時流(読み)じりゅう

精選版 日本国語大辞典「時流」の解説

じ‐りゅう ‥リウ【時流】

〘名〙
① 当時の普通一般の人々。〔南史‐蔡廓伝〕
② その時代の風潮。流行。はやり。
※谷川士清宛本居宣長書簡‐明和二年(1765)八月四日「不時流、直拠古書
※当世文学の潮摸様(1890)〈北村透谷〉「片々積来るの文字は寧ろ時流(ジリウ)んとするに近からずや」 〔李咸用‐同友人秋日登庾楼詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「時流」の解説

じ‐りゅう〔‐リウ〕【時流】

その時代の社会一般の風潮や、思想の傾向。「時流に乗る」「時流を超えた作品」
[類語]風潮時局時勢時代色流行はやり時好好尚トレンドモードファッションブーム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「時流」の解説

【時流】じりゆう(りう)

当時の人。〔世説新語、文学〕裴)語林を作り、始めて出づ。大いにの傳ふると爲る。時の年少、傳寫して各せざる無し。

字通「時」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android