コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本屋 ホンオク

6件 の用語解説(本屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほん‐おく〔‐ヲク〕【本屋】

主要な建物。母屋(おもや)。

ほん‐や【本屋】

書物を売る店。また、その業者。出版社をさすこともある。書店。
映画業界などで、脚本・シナリオを書く人。台本作家。
屋敷の中で主となる建物。母屋(おもや)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんや【本屋】

本屋とは〈物の本屋〉からでた称である。古代,大陸から伝来した暦本を〈こよみのためし〉と訓読した例がある。〈物の本〉とは,物事のためし,つまり前例・手本となることが書いてある書物の意であった。したがって〈物の本屋〉=本屋は,宗教書,学問書,教養書などの書物を商う者の称であった。これに対して,娯楽的な書物は草紙(草子)といわれ,これを商う者は草紙屋,絵草紙屋と称された。江戸時代には総称して本屋ともいったが,正式には取扱い品目,名称が区別されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほんおく【本屋】

建物の主要な部分。ほんや。

ほんや【本屋】

本を売る店、また人。出版社をいうこともある。書店。書肆しよし
主要な建物。おもや。ほんおく。
映画や演劇関係で、脚本家・台本作家・シナリオ-ライターをいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本屋
ほんや

書物、草紙(そうし)類の出版販売業者。すでに平安時代の京都で経師による写本販売があったが、専業本屋の出現は室町時代末期で、京都に絵草紙屋があり、手書きの御伽草子(おとぎぞうし)や奈良絵本を売った。本格的な書物出版販売業の成立は、江戸時代の元和(げんな)・寛永(かんえい)期(1615~1644)で、古活字版ついで木版で出版を営む本屋が、京都を中心に輩出した。元禄(げんろく)年間(1688~1704)前後は出版業の大発展期で、京都では100余軒、大坂では20余軒、江戸では約40軒の本屋が活動し、名古屋、金沢、仙台などにも現れた。初め、仏書、儒学書、和文古典の刊行が多かったが、俳諧(はいかい)書、仮名草子、浮世草子、浄瑠璃(じょうるり)本、重宝記(ちょうほうき)などの新作物も多く刊行され、井原西鶴(さいかく)や近松門左衛門(もんざえもん)の作品はベストセラー現象を呈した。
 本屋のなかでも、仏書、儒学書、和文古典など(これらを物(もの)の本といった)を主として出版する業者を、物の本屋、書物屋、書物問屋などといい、絵草紙類を出す絵草紙屋と区別されていた。近世後期は、大坂、江戸の出版業が台頭し、常時それぞれ数十軒の本屋が活動していた。江戸独特の浮世絵、黄表紙(きびょうし)、中本(ちゅうほん)類を出版した絵草紙屋は地本(じほん)問屋とよばれ、常時10余軒が活動していた。著名な本屋として出雲寺和泉掾(いずもじいずみのじょう)(京都。和文古典、武鑑)、平楽寺(へいらくじ)村上勘兵衛(京都。仏書)、須原屋(すわらや)茂兵衛(江戸。武鑑と江戸絵図)、蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)(江戸。歌麿(うたまろ)・写楽の浮世絵)などがあげられる。[今田洋三]
『今田洋三著『江戸の本屋さん』(1977・日本放送出版協会) ▽宗政五十緒著『近世京都出版文化の研究』(1982・同朋舎出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の本屋の言及

【出版】より

…書物は古代以来,粘土板,パピルス,羊皮紙,絹,それに紙など,さまざまな材料を用いて,筆写,印刷などの手段により,さまざまな形態で作られ,時間と空間の制約を超えて伝えられてきた。その間,印刷以前の時代にも,写本の生産,販売,仲介を行う本屋が発生したし,中世以降になると,中国,朝鮮,日本における木版印刷技術の進歩,ヨーロッパにおけるグーテンベルクの活版印刷術の開発によって,出版活動は盛んになったが,出版が不特定多数の読者に対して,見込生産と宣伝,販売を大量かつ積極的に行うという意味で,近代出版に脱皮するのは,社会の近代化の過程においてであり,とくに大衆社会の出現によってである。したがってイギリスで出版者(パブリッシャーpublisher)という言葉が定着したのは近々18世紀のことであり,それまでは本屋(ブックセラーbook‐seller,あるいはステーショナーstationer)と呼ばれるのが一般的であった。…

【書店】より

…書籍・雑誌などの小売業。本屋ともいう。江戸期初め民間で出版活動がはじまってから明治初期までは,板元(はんもと)(版元,書肆(しよし),本屋)が編集から製作,卸,小売,古書の売買を一手におこなっていた。…

※「本屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本屋の関連キーワード裳階跨線橋重板本屋学問町版貸本屋の夢正本屋九右衛門須原屋新兵衛本屋宗七地本問屋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本屋の関連情報