コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崑崙奴 こんろんど Kun-lun-nu; K`un-lun-nu

1件 の用語解説(崑崙奴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崑崙奴
こんろんど
Kun-lun-nu; K`un-lun-nu

中国,三国時代以降,南海方面の黒い皮膚の奴隷に対する中国人の呼称。僧祇奴,鬼奴,烏番黒,小厮番,小厮などとも呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崑崙奴の関連キーワード温覚ピーリング浅黒い頭の黒い鼠黒ん坊大司農死人色目の黒いうち原三国時代後三国時代

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone