コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵌め殺し ハメコロシ

デジタル大辞泉の解説

はめ‐ころし【×嵌め殺し】

《「はめごろし」とも》障子やガラスなどを作り付けにして、開閉できないようにすること。また、そのもの。「嵌め殺しの窓」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はめころし【嵌め殺し】

〔「はめごろし」とも〕
障子・ガラス窓などを開閉できないように作り付けること。また、そのもの。主に採光を目的とする場合に用いる。 「 -の窓」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嵌め殺しの関連キーワードピクチャーウインドー建具

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android