コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶺南楼 れいなんろうYǒngnamru

1件 の用語解説(嶺南楼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嶺南楼
れいなんろう
Yǒngnamru

韓国,慶尚南道密陽にある楼閣。朝鮮王朝時代の密陽邑城の中心施設であった客舎の密州館に付属している。憲宗 10 (1844) 年建立。南原の廣寒楼,清風の寒碧楼とともにこの時代の代表的な楼閣建築である。密陽江の絶壁上に南面する3棟の建物から成り,東側より陵波堂,嶺南楼,枕流閣と呼ばれる。3棟ともに入母屋造の建物で,繋虹梁 (継梁) の木鼻に竜頭を彫刻した点などは,朝鮮王朝時代後期の装飾的傾向を示し,中期以前の素朴な楼亭建築とは対照的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone