コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憲宗 ケンソウ

4件 の用語解説(憲宗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けん‐そう【憲宗】

[1208~1259]モンゴル帝国第4代皇帝。在位1251~1259。名は蒙哥(マング)。フビライの兄。カラコルムに都し、内政を整え、弟らに雲南・チベット・ペルシアを攻めさせ、1257年、自ら南宋攻略に参加、陣中で病死。メンゲ=ハン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けんそう【憲宗 Xiàn zōng】

778‐820
中国,朝の第11代皇帝。姓名李純。在位805‐820年。安史の乱後,横暴をきわめた藩鎮勢力を弾圧,唐朝の威信回復につとめた。中興の英主と仰がれるように一応の成功はおさめたが,藩鎮の弱体化にともない地方の治安が乱れ,流賊発生の因を招いた。のち不老長生の術に凝り,丹薬の常用により一種の水銀中毒にかかり,動揺した側近は離反し,宦官陳弘志らに毒を盛られて終わった。憲宗の治下は韓愈,柳宗元,白居易等が文学史上活躍した時期でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

憲宗
けんそう
(778―820)

中国、唐朝第11代の皇帝(在位805~820)。姓名は李純(りじゅん)。病父順宗を弑(しい)し宦官(かんがん)倶文珍(ぐぶんちん)らに擁立されて即位した。安史の乱後、藩鎮の勢力が強まり中央の威令の行われぬ状態を改めるのに精励し、直轄の禁軍を強化し、裴(はいき)の税制改革などによって軍費の充実を図り、西川、河東、淮西(わいせい)以下諸藩を平定して帝の統制に服せしめ、中興の英主とうたわれた。その治世は韓愈(かんゆ)、白居易ら文人の活躍で、元和の盛世として知られる。後嗣争いにより宦官陳弘志(ちんこうし)らに暗殺された。[池田 温]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

憲宗の関連キーワード永璘魏忠賢中宗玄宗成祖唐朝文帝皇太極康熙帝順帝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

憲宗の関連情報