建立(読み)こんりゅう

精選版 日本国語大辞典「建立」の解説

こん‐りゅう ‥リフ【建立】

〙 (「こん」は「」の呉音、「りゅう」は「立」の正音)
① 宗派を新たに開くこと。また、寺院やその建物を新たに作ること。けんりつ。
※霊異記(810‐824)中「今磐田の郡の部内に建立せる磐田寺の塔是れなり」
② (①から転じて) ①のため寄進を募ること。勧進。また、寄進すること。
※洒落本・娼妓絹籭(1791)二「あの如意輪観音が箔しろのこんりうに出たといふ身でほうづへをして居る女郎は」
③ うちたてること。建物のような具体的なものから、事業のような形のないものや心の中の観念のようなものまでいう。
※申楽談儀(1430)序「殊に此げいとは衆人あひぎゃうを以て、一ざこんりうのじゅふくなれば」

けん‐りつ【建立】

〘名〙 建て設けること。築き設けること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「不泯の名声を建立せしむることを知るべきなり」 〔書経‐洪範

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「建立」の解説

こん‐りゅう〔‐リフ〕【建立】

[名](スル)
寺院や・塔などを建てること。「寺を建立する」
心の中である物事をつくり上げること。
「兄さんは神でも仏でも…権威のあるものを―するのが嫌いなのです」〈漱石行人
[類語]建築建設建造築造営造造営普請ふしん作事さくじ造作ぞうさく新築改築増築移築建てる

けん‐りつ【建立】

[名](スル)築き上げること。打ち立てること。こんりゅう。「国家建立する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「建立」の解説

【建立】けんりつ

設ける。〔書、洪範〕擇びて卜筮の人を立し、乃ち卜筮を命ず。(こんりゆう(りふ)) 仏教語。堂伽藍(がらん)を建てる。〔法華経方便品〕佛形像を立す。

字通「建」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android